ツーショットダイヤルの督促・請求は無視で踏み倒せるのか?

1.ツーショットダイヤルの支払いを無視してたら督促電話がキタ!

2.思っていた金額より高額請求がキタ!

3.身に覚えの無い督促請求がキタ!

 

どれもドキっとしますよね。

でもこれ、ほったらかしにしたらどうなるんでしょ・・・・?

督促請求を無視!

 

常識的な流れ↓

 

使った分が請求された場合

これは素直に払いましょうね!ツーショットダイヤルに電話をかけた時に料金説明のアナウンスがしっかりとあるので、『知らなかった』は通用しません。サービスを受けた分はきちんと払う。

常識で言えばこんな感じです。

 

思いのほか高い請求が来た場合

結構多いパターンがこれ。ツーショットダイヤルを利用したが、予想以上の料金請求が来たのなら、あなたが料金設定を勘違いしていた可能性が高い!その場合はツーショットダイヤルの運営に電話をして、使った分の料金の詳細を聞く事が一番の近道。ツーショットダイヤルは古くから続く真面目運営の番組しか残っていないので、運営は思いのほかとても親切に対応してくれます。←コレ本当

 

身に覚えの無い請求が来た場合

ツーショットダイヤルに電話をかけた覚えがまったく無い場合、これはツーショットダイヤルの名を語った振込め詐欺の可能性があります。その場合は放置しておくのも一つの手です。詐欺の場合は何度もしつこく請求してくる事はありません。でも一番の解決方法は、消費者センターに電話をする事!です。消費者センターは消費者の味方であると共に、企業からしてみても、目を付けられたくない存在。警察とも繋がっている上、プライバシーも気遣ってくれる頼もしい所です。

 

請求を無視した場合

 

ツーショットダイヤル運営側では利用者の電話番号しか知りません。自宅や職場の住所などは解らないので、リアルに取り立てに行くのは非常に難しいというのが実情。では、そのまま請求を無視した事で何が起こるのでしょうか?

上記の通り、相手が詐欺の場合は何も起こりません。

しかし使った覚えのある番組の場合は、期日までの支払いを滞ると、何度か催促の電話が来ます。何度か電話が来たらある日突然来なくなる事が多いです。(忘れた頃、半年か1年後くらいに再度請求の電話が1、2度来る場合もあります。)

しかし例外もあります!

もし使った金額が多額の場合・・・・。運営会社により、警察に被害届を出される可能性は高いです。ツーショットダイヤルは運営費用もバカにならず、多額の利用に対しては多額のコストが掛かっている為、額が大きければ“まじめに”回収せねばなりません。本来は民事訴訟となり、支払いは任意となりますが額が大きいと、なんと!刑事事件(禁固刑or罰金刑)になる場合があるので要注意!

 

結論は、使ったなら支払う!使った覚えが無ければシカト上等!と言うのが無難な選択ですね。

そして、使ったけど思っていた金額と違うぞ!!と言うコジレ案件の場合、利用料金のアナウンスを聞き落とした、料金説明の意味がよくわからなかった、と言った事だと思いますが、これも消費者センターに一度相談してみても良いです。料金説明のアナウンスが明らかにわかり辛い場合は有利に動く場合もあります。

 

参考:消費者センター
消費者センター

 

5件のコメント

  1. しょひ より:

    消費者センターに連絡した事があります。
    以前ツーショットダイヤル使った時に面倒なので支払いをシカトしてました。そしたら請求の電話が来たからショヒセンがなんとかしてくれるかな?と思って電話したら、使った覚えのある有料サービスの支払いはして下さい、と言われました(TT)
    都合よく味方してくれる訳ではないようです。

  2. 督促部隊 より:

    督促業務に従事した経験がありますが、100万単位にならない限り債権回収会社に委託する可能性は限りなく少ないですよ。
    委託したとしたら電話督促代行程度です。
    元が取れませんからね^ ^

  3. 金さん より:

    ショヒセンは頼りになる時とならない時があるよ。
    出会い系でポイント使い過ぎて電話したら使った覚えがあるなら使った分は払いなさいと言われたし。

  4. 匿名 より:

    悩みと言うかツーショットダイヤルで不安なのは今芸能ニュースなんかで話題の美人局が怖いです。対処法かなにかあれば知りたいです。

  5. 慎次 より:

    物凄くイイ女と会えれるなら高額だって払うけどね

コメントを残す

男性も女性もコメントOKです。メアド、電話番号など個人情報のコメントは、粘着、ストーカー、リベンジポルノ、他イタズラなど、だいたいトラブルに発展するのでNG。

※メアド入力欄は(レスがついた時の通知用)です。

カテゴリー

サイト運営